葬儀に参列する際の適切な服装と注意すべき点。

ひとくちに「お葬式」といっても、お通夜や葬儀、告別式などさまざまな儀式があり、服装に関するしきたりも微妙に異なります。葬儀に参列する場合、女性が身につけても問題ないとされているアクセサリーは結婚指輪とパールのネックレスです。その他のファッション目的のアクセサリーは外すようにします。さらに遺族の心情を思いやるという意味でも、肌を多く露出する服装は避けるべきです。ストッキングは黒か肌色にし、鞄や靴もすべて黒のものを選びます。可能ならばハンカチも白、黒、グレーの無地のものにするといいです。葬儀に喪服で参列する際には、遺族よりも格上の服装にならないよう注意する必要があります。具体的には略礼服や準喪服をまとうようにすれば失礼にあたりません。また、夏場でも上着を脱いだブラウスのみの状態や、肩の出るタイプのワンピースはマナー違反とされています。一方で、上着のない礼服ワンピースや半そでの礼服ワンピースなどの着用は問題ないので、出来る限り通気性のいいものを選ぶといいです。冬場に黒いタイツを履くのは問題ありません。男性の場合は、上下黒のブラックスーツの着用が必須です。スーツはシングルタイプでもダブルタイプでも構いませんが、ワイシャツは白、ネクタイや靴下は黒のものを選びます。子どもに関して、学生の場合は学校の制服で参列するのが良いとされています。

刺激がほしい人、ワンランク上のサービスを堪能したい人におすすめです。

バレない 高収入

合法ハーブ 通販 即日

Copyright (C) 2011 葬儀に参列する際の適切な服装と注意すべき点。. All rights reserved.